レッドウィングを愛するブログ

【つくば 蕎舎】築100年以上の古民家で味わう蕎麦が絶品【雰囲気バツグン】

Gourmet

こんにちは。

築100年以上の古民家と、お店の裏で回る水車が雰囲気バツグンのお蕎麦屋さんに行ってきました。こちら、食べログ評価3.65と、なかなかに好評価のお店です。

今回ぼくが食べてきたのは「鴨汁そば」なので、写真とともに紹介していきます。

ちなみに、店名の読み方は蕎舎と書いて「そばや」と読みます。

【つくば 蕎舎】築100年以上の古民家で味わう蕎麦が絶品【雰囲気バツグン】

お店の裏には、上記写真のような水車があります。大きくて迫力のある水車は、もちろん動きます。ぼくらが行ったときもしっかり稼働していました。

大迫力の水車に子どもたちは興奮気味です。

お店の外にある待合席から見る景色はこんな感じで、本物の築100年以上の古民家からは、独特な雰囲気が漂っています。

何に使うのかはお店の前に杵と臼が置いてあります。餅つきでもするんですかね。

店内の一部を撮影してきましたが、まさに古民家。田舎のおばあちゃんの家に遊びに来たような不思議な感覚です。

広い座敷、囲炉裏、テーブル席、外を眺めながら蕎麦を堪能できるカウンター席と、様々なタイプの座席が用意されているので、お好みで選んでみてください。

ただし、人気が高いからか、お店は混雑しますので、座席指定ができない場合もあるかもなので、お店の方と相談してみてください。

蕎舎(そばや)の鴨汁そばがめちゃくちゃ美味い!

ぼくがいただいた「鴨汁そば」はこちらです。

大きめにカットされたネギが特徴的ですね。薬味も一緒に乗せてくれていますが、ぼくは使いませんでした。

アクセントで、蕎麦に七味とうがらしを直接ふりかけて食べると美味しいです。

蕎麦の麺は細めながらも、モッチリ感をしっかり感じられます。5本ぐらいを箸ですくって、麺先をつけ汁に少しつけたら音を立てて一気にズルズルっとすすりましょう。鼻から抜ける上品な蕎麦の香りがたまらないです。

注意事項として、大盛りでのオーダーとかができないので、増量したい人は追加でせいろを頼む方法のみになります。

たぶん成人男性だと通常の量では物足りないので、せいろを追加するか、麦とろ飯(400円)を注文することをおすすめします。

写真を撮り忘れてしまいましたが、麦とろ飯もふわっふわで強烈な粘っこさを持っていて、めちゃくちゃ美味しいですよ。

このネギの下に、厚切りにカットされたジューシーな鴨肉が潜んでいます。

つけ汁に溶け出た鴨肉の脂と旨味が美味しくて、蕎麦を完食後の蕎麦湯も最後まで美味しく楽しめます。

ぼくが今まで食べてきた鴨汁そばの中でも、蕎舎の鴨汁そばはダントツで美味しいですね。

料金は下記。

  • 鴨汁そば:1,800円ぐらい
  • 麦とろ飯:400円

ちょっとお高いかもしれませんが、古民家の特殊なロケーションも合わせてこの値段なら妥当かなと思いますね。何よりメインである蕎麦が美味しいからOKです。

ちょっと贅沢なランチをしたいなというときにおすすめのお店です。

つくば 蕎舎の店舗情報

最後に、蕎舎(そばや)の店舗情報を記載して終わりにします。

【蕎舎(そばや)】
・住所:茨城県つくば市柳橋496
・電話:029-886-5006
・営業時間:平日 11時~15時
      土日祝 11時~20時
・定休日:火曜日
・駐車場:店前無料

こんな感じですね。つくば方面に用がある方は、ぜひ立ち寄ってみてください。

終わりです。

関連記事 もちもちの木のつけ麺を最後まで熱々のまま美味しく食べる方法【レビュー】