史上最長、14連休の夏休みは充実しまくりで幸福度高め。

史上最長、14連休の夏休みは充実しまくりで幸福度高め。

2022年のぼくの夏休みは、社会人になってからは最長の「14連休」だった。

夏が閑散期の弊社は、会社指定の休日で毎年10連休ぐらいはある。ちなみに、今年は11連休だった。

会社指定の連休前に3日ほど有給をとって沖縄旅行に行っていたので、合計で14連休という驚異的な夏休みになったというわけで。

まだこの記事を書いている現段階では夏休みを満喫中なんだけど、そろそろ夏休みのことなんかをまとめておこうかと思い、キーボードを叩いてる次第である。

結論から言って、14連休という社会人にとっては超長期的な連休は、心身ともに最高な時間を過ごすことができた。

夏休みの始まりは、沖縄旅行から。

夏休みの前半、というかスタートは二泊三日の沖縄旅行から始まった。

海と肉とジンベイザメと。二泊三日の沖縄旅行で、自然の力に癒やされてきた。という記事で沖縄旅行の詳細について書いたので、中身は割愛。

沖縄には何度も訪れてるけど、何度行っても最高な場所だ。

青い空、青い海だけじゃなく、沖縄に流れる何とも言えない「自由な空気感」みたいなものがたまらなく好きで、何度行ってもまたここに帰ってきたくなる。というより沖縄に住みたい。

まあ実際に住んでみると、遊びにきてるときには感じないような細かなストレスだったり、それほど自由でもないのかもみたいな現実を突きつけられるんだろうけど、それでも沖縄に住んでみたい憧れはある。

ただ海に入って遊んでるだけなのに、とてつもない充実感を得られるのは、沖縄の海がキレイだからだ。

また来年、絶対に沖縄に行きたい。

【関連記事】
【2020年】8月に行く、子連れ沖縄旅行3泊4日の全行程をまとめてみた
【2022年】海と肉とジンベイザメと。二泊三日の沖縄旅行で、自然の力に癒やされてきた。

8月から始めた「朝ラン」も順調に継続中。

8月1日からダイエットの一環として「朝ラン」を始めた。

朝にこだわってるわけではないけど、夏休み中だし日中は暑いし、どうせ朝早く目が覚めちゃうなら涼しいうちに走ろうかなということで朝に走っている。

距離を目標にしているわけではなく、ぼくが目標にしているのはあくまでも「時間」だ。

ナイキランクラブで目標を30分に設定して走ると、1kmごとや目標時間の半分まできたときなどに音声で教えてくれる。これがとても便利。

しかも、走った距離や時間、走行路などを記録してくれるので、自分が積み上げてきた過去を振り返ることでモチベーション維持もしやすくなる。

今まではどうしても有酸素運動はめんどくさくて避けてきたけど、身体のコンディション維持にもなるし、今は走ることが楽しいと感じられる。

ダイエットの数値的な結果はまだまだ出てないけど、ランニングは健康な身体づくりのためにも、仕事が再開しても継続していきたい。

東京・下町をちょろっと巡る小旅行

上野に用があったので、ドライブがてら車で上野へ。

ただ、この日は暑すぎて各所の滞在時間はかなり短めだけど、普段は撮れないような写真も撮れて楽しかった。

上野・アメ横を散歩。

アメカジ好きとしては聖地とも言える上野・アメ横。

妻からぼくに結婚10周年のお祝いということで児島ジーンズのGジャンを贈りたいといってサイズ選びをしにアメ横まで行ったものの、アメリカ屋では児島ジーンズの取り扱いは無し。

生後2ヶ月になる姪っ子を連れていたので、ぼくは姪っ子と2人で店前待機。

レッドウィングのアウトレット品が豊富に揃ってる「フットモンキー」もあった。

ここも店前を通りかかっただけで店内は見ていない。上野はもう少し涼しい時期に来る方がちょうど良さそう。

涼しくなったら冬服を見に行きたい。

中田商店の N-1デッキジャケットがほしい。

アメ横、ガード下の写真
アメ横、ガード下の写真

普段は田舎暮らしをしているので、こういった都会的な写真を撮ることがなかなかできない。

普段撮れないような写真を撮れたので、それだけで来てよかったと思う。上野楽しい。

鳴門鯛焼本舗 浅草橋店

ここの鯛焼きは激ウマ。

関東圏内で多店舗展開してるみたいなので、近くにある人、用があって近くまで行く機会のある人はぜひ食べてみてほしい。

あんことカスタードが選べるんだけど、断然あんこがおすすめ。

頭から尻尾の先まであんこがぎっしり詰まってるうえに、お餅のような食感の物が混ざっていて、それが口の中を幸せにしてくれる。あんこも滑らかで美味しい。

他では食べられない食感の鯛焼きなので、ホントに食べてほしい。

妻が鯛焼きを購入してる間に、店前でストリートスナップなど。

暑すぎて街歩きはキツいけど、涼しい時期だったら下町を散歩しながらスナップ撮影なんかも楽しそう。

スカイツリーの足下、曳舟の街

上野からの帰り道、スカイツリーの近くも通ってきた。

目の前にそびえ立つスカイツリーは、間近で見ると大迫力。

曳舟の駅から少し離れたところに、スカイツリーが見える焼き鳥屋さん?お肉屋さん?があるので寄ってみた。名前はたしか「稲毛屋」だったと思う。

もも塩、ももタレ、つくねタレを買ってみたんだけど、塩が超絶美味い!

暑くて汗を大量にかいていたこともあるかもしれないけど、大ぶりなもも肉に絶妙な塩加減がめちゃくちゃ美味しかった。お肉も柔らかいし、近所にほしい。

しかも、ももタレは1本90円という破格。ほとんどの焼き鳥屋さんが1本120円ぐらいで売ってる中、まるで昭和の時代そのままの価格でやっているから驚き。

稲毛屋さん、近所に来てくれないかな。

妻の誕生日と結婚記念日のプレゼント。

8月は、妻の誕生日と結婚記念日がある。

特に結婚記念日は今年で10周年になるので、かなり奮発してダイヤモンドジュエリーをプレゼント。リングとピアス。

ダイヤモンドなんて買うのは初めての経験だったけど、妻には喜んでもらえたみたいで良かった。

毎年のことなんだけど、ぼくはプレゼントを当日に渡すことができない。

用意できた時点で、すぐに渡したくなっちゃうからだ。自分だけで黙って持ってることができない。

誕生日プレゼントは誕生日の一週間ぐらい前にあげちゃったし、結婚記念日のプレゼントもそう。

でもまあこれが自分なんだなと思って諦めてる。

いや、来年こそは当日まで黙って隠し持ってる努力ぐらいはしようかな。きっとあげちゃうと思うけど。

まとめ

こんな感じで、14連休という超長期休みについてまとめてみた。

いざこうやって文章にしてみると、それほどあちこちに出かけてるわけでも遊んでるわけでもないんだけど、沖縄の自然に触れたり、家でとにかくのんびり過ごす時間があったりと、日常では味わえないような充実感を得ることができた。

これだけ長い休みが続くと、さすがにそろそろ仕事でもしたくなるのではと思うかもしれないけど、まったく逆。まだまだ夏休みが終わってほしくない。

とはいえ、いつまでもぷらぷらと遊んでるわけにもいかないので、少しずつ休みモードから仕事モードに頭を切り替えていかなければいけないかなと。いや、やっぱりギリギリまで休みモードを満喫したい。悩ましい……。

というわけで、14連休は最高だったという話でした。