▷ 特集:ブーツにカビが生えたときの対処法

レッドウィング8179の履き下ろしから1ヶ月。エイジングはこんな感じ【ブーツのキロク】

レッドウイング8179を購入した理由とか。

2020年6月7日に履き下ろしたレッドウィング8179、通称「黒セッター」も、履き下ろしから1ヶ月が経過した。

正直な話、レッドウィング8179を履き始めて2週間【ブーツノキロク】から目に見えてわかるようなエイジングはしていないけど、着用開始から1ヶ月でどんな感じになるのかのイメージとして残しておきたい。

レッドウィング8179を履き始めて1ヶ月

レッドウィング8179を履き始めて1ヶ月

早いもので、8179を履き始めてから1ヶ月が経過した。

前回は2週間のときに簡単に経過報告をしているが、エイジングはこのときからほとんど進んでいない。

まあ1ヶ月ぐらいならそんなもんかもしれない。

ただ、くるぶし周りの細かいシワが少し増えてきたかも。

着用回数は10回ぐらい。

レッドウィング8179を履き始めて1ヶ月

基本的に平日はブーツを履かないので、この1ヶ月での着用回数は10回ぐらいだと思う。

土日+ズル休みの平日ぐらい(笑)

平日の仕事終わりに無性に履きたくなるときもあるけど、玄関に置いてある8179をニヤニヤしながら眺めて欲望を満たしてる。

本音を言えば仕事(工場勤務)でも履きたいと思ってるけど、わりと脱ぎ履きする頻度が多いし、移動距離が多いからソールの減りが早くなるのも嫌なので我慢。

オイルはまだ。

レッドウィング8179を履き始めて1ヶ月

相変わらずケアはブラッシングのみ。

タンの柔らかい手触りが好きで、暇さえあればくしゅくしゅして触ってる。

ぼくが購入した8179は、到着時点でオイルがしっかり入っていたからオイルアップはまだまだ必要なさそう。

たぶん最初のオイルアップは冬が始まる前ぐらいになりそうだ。

まとめ

レッドウィング8179を履き始めて1ヶ月

こんな感じで履き下ろしから1ヶ月の様子をまとめてみた。

ブーツ愛用家の中には、季節問わず履く人もいれば、夏の間はブーツを休ませているなんて人もいる。

ぼくはどちらかと言えば季節問わず履くタイプ。夏でもブーツを履きたい気分のときは履くし、履かないときは何ヶ月も履かなくなる。

今後もブーツのエイジングだけにこだわらず、緩く長く付き合っていきたい。