レッドウィングを愛するブログ

レッドウィングは革が馴染むまではめちゃくちゃ痛い【慣らし履きで解決】

Red Wing

新しいブーツを手に入れたら、喜びのあまりすぐに履いて出かけたくなりますよね。

でもちょっと待ってください。

レッドウィングのブーツは、新品状態だと革がガチガチに硬いので、ほぼ100%に近い確率で靴ずれを起こします。そしてめちゃくちゃ痛いです。

購入の喜びそのままに出かけると、出先で靴ずれによる激痛と闘うことになり、たぶん後悔します。

そうならないための対策を、今回の記事で紹介していきます。

レッドウィングは革が馴染むまではめちゃくちゃ痛い【慣らし履きで解決】

レッドウィングは革が馴染むまではめちゃくちゃ痛い【履き慣らしで解決】

「レッドウィング 痛い」などのキーワードでこのブログに来てくれる方が、定期的にいます。
予想ですが、靴ずれに悩まされてる人が自分だけなのか心配になったりしてるのかと思いました。

大丈夫。新品でレッドウィングを買ったらほとんどの人が靴ずれの洗礼を受けてますので。

結論を言うと、新品のレッドウィングを購入したら、まずは「慣らし履き」をして革を馴染ませるところから始めましょう。

慣らし履きのやり方を紹介

レッドウィングのブーツをいきなり下ろす前に、まずは慣らし履きからです。やり方は下記。

  • 履き下ろす前に軽くミンクオイルを全体に塗布
  • 家の中で履いたままにする
  • 家の周りを歩いてみる

上記がぼくの慣らし履きのやり方です。解説しますね。

履き下ろす前に軽くミンクオイルを全体に塗布ミンクオイルは革を柔らかくする効果があるので、ブーツを購入したらまずは全体的にミンクオイルを塗布します。

このとき、絶対に厚塗りしないように注意してください。ミンクオイルのような動物性の油が原因で、後々カビの大量発生に悩まされます。厚塗りして一晩寝かせて余分な油を拭き取るみたいなやり方をする人がいますが、革にとってかなり負担の大きいやり方です。

ミンクオイルはあくまでも適正量を薄塗りして、革に必要十分な栄養を与えるものだと思ってください。

家の中で履いたままにするミンクオイルを塗布したら、次にやることは「足入れ」です。

新品状態の革はとても硬いので、まずは自分の足の形に馴染ませるために足を入れ、しばらくそのままの状態にします。恐らくジャストサイズで購入する人が多いと思うので、革を自分の足型に伸ばすイメージで履きましょう。

家族の理解を得られるなら、家の中で少し履いて歩いてみてもいいかもですね。

革は一気に伸びないので、時間をかけて少しずつがポイントです。

家の周りを歩いてみる足入れして革が馴染んできても、まだ油断は禁物です。

次にやることは家の周りを散歩ぐらいがベストです。時間は10分~20分ぐらいでいいと思います。

人によってはもっと歩けると思うかもしれませんが、新品状態の革はホントに硬いので、思ってる以上に足が疲れます。それと、靴ずれ一歩手前の状態なのに気づかず歩き続けてしまい、大きなダメージを負いかねません。

こういった散歩を数回こなして、全然痛みを感じなくなったら初めて出かけられるぐらいの状態の出来上がりです。

レッドウィング8166に足をズタボロにされた過去

レッドウィング8166に足をズタボロにされた過去

ぼくが初めて8166を履いたときは、「踵・くるぶし・アキレス腱・小指の外側・足の甲」このあたりをズタボロにされました(笑)

ちなみに、当時は慣らし履きなどの予備知識はまったくなかったので、普通の靴と同じ感覚で履いていましたね。

靴ずれにはめちゃくちゃ悩まされたけど、それなりに値段もするからせっかく買ったのに履かないのはモッタイナイと思い、気合いで履いていました。

ただ、がっちり靴ひもを縛ると靴ずれの箇所が悲鳴を上げるので、高校生がスニーカーの靴ひもを緩めて履くような感じで、ブーツの靴ひもを縛らずに、だらしなく履いていました。

その状態で何回か履いてるうちに、靴ずれもしなくなり、10年経った今では完全に自分の足にフィットして、まるでオーダーしたかのような履き心地のブーツに仕上がってます。

絆創膏で防御力を高めよう

靴ずれをしやすくなる箇所が特定できる人は、ブーツを履く前にあらかじめ「絆創膏」を貼っておくと、靴ずれ予防に効果的です。

あとは「厚手の靴下」とかも防御力高めなのでおすすめです。

下記は、レッドウィングジャパン(株)の元代表(@michiya186)が絶賛してる靴下です。

まとめ:時間をかけてブーツと付き合う

まとめ:時間をかけてブーツと付き合う

こんな感じで、レッドウィングが痛いと感じたときの対処法などを紹介してみました。

カッコいいブーツを手に入れて、これからガンガン履き込んでエイジングを楽しむぞ!と思ってる矢先に、靴ずれの痛みで挫折してしまう人もわりといるようです。実にモッタイナイですね。

新品のブーツを購入したら、まずはじっくり時間をかけて慣らし履きです。履いて出かけるのは、慣らし履きであまり痛みを感じなくなってからにしましょう。

渋いエイジングをした雰囲気のあるブーツは、一朝一夕に出来上がるものではないので、長い時間をかけて付き合っていきましょうね。

終わりです。

関連記事 【レッドウィング】手入れの頻度はどれぐらいですればいいの?