レッドウィングを愛するブログ

沖縄でクリアカヤックを体験したら語彙力を失った話

Travel

沖縄に遊びに行ったら絶対にやってほしいアクティビティがクリアカヤック。

透明なボートに乗って泳いで行くことはできないぐらいのところまで進んでいくというスリルと絶景を楽しめる遊びだ。

『沖縄 クリアカヤック』とかで検索すると何社も出てくると思うけど、今回ぼくらがお世話になったショップはこちら。

備瀬マリンレジャー

オリオンモトブホテルのすぐ近くにあるショップ。

実はこのショップを利用してクリアカヤックをするのは、2月に行った沖縄旅行以来。半年ぶり2回目の利用となる。自分でも笑っちゃうぐらいハイペースだとは思ってる。

備瀬マリンレジャーのスタッフの方が、1回目に利用したときにものすごく丁寧だったこともあって、今回もぜひリピートさせていただいた。

詳しい情報は記事の最後に載せておこうと思う。

クリアカヤックは天然の水族館

予約した時間に行ってショップで簡単な手続きを済ませた後、カヤックに乗れる海までスタッフが車で送迎してくれる。海までは車で約10分ほどの場所。

2月にきたときは備瀬のフクギ並木を抜けた先の秘境のようなポイントで、パワースポットを見たりした。

今回はまた別のポイントでのクリアカヤック体験。その日の海のコンディション次第でポイントを変えているとのこと。

カヤックに乗るまでの準備

スタッフが準備してる間に海に入って遊ぶことができる。カヤックの上に乗ると照りつける日差しで体が熱くなるので、全身海に浸かって体を冷やしておくと気持ちよく楽しめる。

参加者全員でパドルの使い方を教わった後、いざ出発!

沖縄の海の美しさに圧倒されよ

スタッフが指示する方向にカヤックを進めていく。

2人でパドルを漕ぐ場合は、しっかり息を合わせて漕がないとその場でくるくる回ってしまう。慣れないうちはまっすぐ進むことが意外と難しいけど、慣れてしまえば自由にカヤックを操れるようになる。

カヤックの上から見た沖縄の海の写真がこちら。

スタッフが餌を用意してくれて餌やり体験をしたときなんだけど、カヤックの周りにいくつもの種類の魚が集まってきて、お客さんを楽しませてくれる。

まさに天然の水族館だ。

透き通るブルー。

パッと見た感じだと海底がすぐ近くのように見えるけど、水深10mぐらいはあるらしい。

このあたりから息子は恐怖心が強くなって黙ってしまった。

こんな感じの透明なカヤックなので、真下を魚が通るところもバッチリ見える。

沖縄の海の美しさに圧倒されて、ただただ「キレイ…」としか出てこなくなる。あれほど美しいものを目の前にすると、人は語彙力を失ってしまうらしい。

クリアカヤックの注意点

カヤックの上はかなり濡れる。

今回の撮影はiPhoneをGoPro化して水中撮影を楽しもう!という記事にも書いたとおり、防水ケースに入れて撮影を楽しんできた。

カヤックに乗る前にスタッフから念を押して言われるのが「濡れたら困るものは持ち込まないでください」

何度も口酸っぱく言われるけど、これはホントに言うことを聞いた方がいい。

想像してる以上にびしょ濡れになるので、冬場でも水着の着用をおすすめする。

まとめ

こんな感じでクリアカヤック体験を紹介してみた。

この記事を書いていても思うんだけど、沖縄の海の美しさを写真や文章だけで100%伝えきるのはやっぱり難しい。というより無理。

語彙力を失ったぼくが、必死に頭を捻って書いた拙い文章になってしまったが、この美しさを少しでも多くの人に体験してほしいと思ってこの記事を書いた。

沖縄に行く機会がある人は、ぜひ備瀬マリンレジャーでクリアカヤックを体験してみてほしい。

施設:備瀬マリンレジャー
住所:沖縄県国頭郡本部町字備瀬373番地
電話:0980-43-5026
プログラム:シュノーケリング、クリアカヤック、サップ、シーカヤック
公式サイト:備瀬マリンレジャー

関連記事 8月に行く、子連れ沖縄旅行3泊4日の全行程をまとめてみた