肉体労働で1週間に働ける限界の時間を本気で考えてみた【愚痴が80%ぐらいです】

肉体労働で1週間に働ける限界の時間を本気で考えてみた【愚痴が80%ぐらいです】

Thought

こんにちは。日々、肉体労働に勤しんでいます。

今の会社には入社して2年になりますが、かつて経験したことないぐらい毎日忙しく働いています。月の残業時間は、月半ばにして20時間に迫る勢い。ほぼ残業なしの弊社にとっては、とてつもない忙しさです。

そんな経験から、肉体労働者が1週間に働ける限界時間について考えてみました。

なお、100%個人の主観によるものなので、医学的な根拠とかは一切ないことを先に言っておきます。

肉体労働で1週間に働ける限界の時間を本気で考えてみた

肉体労働で1週間に働ける限界の時間を本気で考えてみた

無理なく働ける時間の限界としては、やはり「週40時間以下」とかじゃないですかね。欲を言えば30時間ぐらいだとパフォーマンスが上がりそうです。

1日8時間労働の限界

週5日、1日8時間労働は、肉体労働者だとわりと過酷です。

ぼくは工場で働いてるんですけど、9時間拘束のうち8時間は立ち仕事で、座ることができません。休憩以外は常に立ちっぱなしですね。

アパレル店員とか美容師さんとかになると、もしかしたらもっと長時間の立ち仕事をしているかもしれません。立ち仕事は腰とか膝への負担が大きすぎますよね。

ぼくも今の会社に入社したての頃は、1日の仕事が終わる頃には階段を登れないぐらいに膝が痛くなっていました。

2年ほど経った今では身体も慣れましたが、それでも週の後半とかになってくると疲労がとれなかったりします。

サロンパスは臭いけど効果高め膝や腰など、関節の痛みって自分ではどうにもできないイライラに悩まされるものです。

そんなときは、ちょっと臭いですが「サロンパス」がおすすめ。古典的ですが、やっぱり湿布薬は効果絶大です。

休憩時間の法的根拠が短い

労働基準法第34条で、休憩時間は下記のように定められています。

労働時間が 6時間を超え、8時間以下の場合は少なくとも45分。
8時間を超える場合は、少なくとも1時間の休憩を与えなければならない、と定めています。

上記の通りなんですけど、これはあくまでも法律上の話であって、実際に現場で働く人にとっては何を根拠にこの時間設定にしたんだって感じです。

人間の集中力は最大でも90分が限界と、神経医学を専門とする順天堂大学医学部教授の医師、小林弘幸氏は、「集中力の限界」について語っています。

90分働いたら30分程度の休憩時間を挟むなどした方が、結果的には効率よく作業できそうなんですけどね。建築現場とかはこんな感じでした。

肉体労働と頭脳労働で区別しないとダメそもそも、休憩時間の法律的な根拠で、肉体労働と頭脳労働をごちゃまぜにして考えてることが筋違いなんですよね。

肉体労働の現場によっては、命の危険すら感じような場所も多々あります。

オフィスワークと肉体労働では命の危険度がちがうんですよ。法律的根拠も、肉体労働とオフィスワークでしっかり区別して考えないと、いくら働き方改革を唱えても無駄ですよ。

休まず働くことを美徳とする、昭和脳の人たちが上層部にいるせいで、多くの職場には今も悪しき風習が残っています。「老害は去れ」と思いつつ働く日々だったりします。

週休3日が理想的

週休3日が理想的

ぼくの個人的な理想を言うと、「週休3日」ぐらいが最高です。月火で働いて、水曜日は休み。で、木金働いて土日休みみたいな感じですね。

9時間拘束、週4勤ぐらいがちょうどいい

1日9時間拘束で、休憩時間を考慮すると実動時間は8時間ぐらい。これでもまあ働きすぎ感はありますが、これぐらいの労働だと無理なく働けると思います。

たまに週の真ん中とかにポツンと祝日があると、身体的にはかなり楽になるんですよね。

この状態が当たり前になると、常に「休み明けでフレッシュな状態」と「休みの前の日でちょっと頑張れそうな状態」で労働することになります。

これ、結構嬉しいですよね。

土日+平日1日休み

ぼくの理想として、土日は完全休日にして、それ以外に平日にもう1日休みがあると最高ですね。

この働き方だと、たぶんワークライフバランスもちょうどよくなりそうな気がします。

例えば、土日にガッツリ遊んで蓄積した疲労を、平日の中休みで解消するといった感じですね。

今の世の中だと、毎日働きすぎで休日は疲れ切って出かけたくないという人も多いと思うので、休日を増やせばその分で経済効果も活性化されそうな気がします。

まあ休みを増やしたら仕事が間に合わないという企業はたくさんありそうですが、頑張って雇用を増やすか、思い切って分業するなどしてどうにか仕事の分散をする努力をしてほしいものですね。

まとめ

こんな感じで、肉体労働で1週間に働ける限界の時間を本気で考えてみました。

結論としては、1日8時間労働の週4勤で、「32時間」ぐらいかなといった感じです。ちょっと残業したとしても35時間ぐらいが限界なんじゃないですかね。

今の法律で定められてる「週40時間」の労働は、ちょっと働きすぎだと思いますよ。

人生100年時代とか言われてるぐらいなので、持続可能な働き方に合わせていってほしいものですね。

終わります。

関連記事 肉体労働の限界はいつやってくるかわからない【30代からのセカンドキャリア】

疲労回復に効果あり「キューピーコーワゴールドA」は疲労回復に効果的と言われているので、疲れがとれないなと感じてる人はためしてみてもいいかもですね。

何日か続けてみると効果を感じられると思います。