レッドウィングを愛するブログ

【1,000円台】iPhoneをGoPro化して水中撮影を楽しもう!

Gadgets

夏は海に川にプールに、とにかく水遊びが楽しい季節。

そんな夏の思い出を記録するのに「GoPro」などのアクションカメラがほしいと思ってる人も多いハズ。

とはいえ、使用頻度が少ないアクションカメラに数万円のお金をかけるのは厳しい。

そこで、防水ケースを使ってiPhoneを簡易的にGoPro化する方法を紹介しておきたい。

iPhoneさえあれば、1,000円台で水中撮影が楽しめる。

【用意するもの】

iPhoneをGoPro化して水中撮影を楽しもう!

iPhoneをGoPro化して水中撮影を楽しもう!

iPhone7 以降のiPhoneは防水対応になった。

とはいえ、防水機能は生活防水程度と考えておいた方がいい。

それに、海水には未対応なので、iPhoneを裸のまま海水に入れて万が一のことがあったら目も当てられない。GoProを買った方がよっぽど安上がりだ。

iPhoneをしっかり守りつつ、水中撮影も楽しめる「防水ケース」を活用しよう。

防水ケースの使用例。

以前、グアム旅行に行ったときに、iPhoneを防水ケースに入れて水中撮影してきたときの動画。

高画質とは言えないまでも、目の前を泳ぐ魚をこれだけハッキリ捉えられれば必要十分。

首からぶら下げることができるからビーチでの持ち歩きにも便利だし、水中撮影も普通に楽しめて一石二鳥だ。

水の中だとシャッターが押せない?

水中撮影で注意したいことで、水の中だと画面上のシャッターボタンが反応しない問題がある。

故障とかではなく、ただの仕様なので安心してほしい。

水の中で静止画を撮影したい場合は、iPhone側面にある音量ボタン(上下どちらでも可)でシャッターが切れる。

1年以上経ったけどiPhoneは不具合なし。

動画のときのグアム旅行から1年以上が経った今も、当時と同じiPhoneを使っている。(iPhone8plus)

防水ケースに浸水した形跡も特になかったので、もちろん今も不具合はない。

amazonでiPhoneの防水ケースを探してみると、1,000円前後でいろんな商品が出てくる。

我が家も特にこだわりとかはなく、テキトーに選んだものを使ってみたけどまったく問題なかった。

まとめ

iPhoneをGoPro化して水中撮影を楽しもう!

こんな感じでiPhoneをGoPro化する簡易的な方法を紹介してみた。

グアム旅行のときは、この防水ケースのおかげで海のキレイさを目に見える思い出として持ち帰ることができた。

映像だけでなく、水の中のくぐもった音声もしっかり残ってるのが嬉しい。

アクションカメラはちょっと手が出ないという人も、防水ケースさえあれば水中撮影もハードに楽しめるのでおすすめしたい。

初めての子連れ海外旅行でグアムに行ってきた感想【旅行記まとめ】