インプットがなければアウトプットができないのは至極当然の話。

インプットがなければアウトプットができないのは至極当然の話。

思うこと

ここ数日、頭の中にあるモヤッとしたものを形にすることができず、なかなかブログを書けずにいます。

一番大きな要因として「インプットが圧倒的に足りていない」ことが考えられるので、インプットとアウトプットの関係について思うところをざっと書き出してみます。

インプットとアウトプットは2つで1つ

当然の話として、ブログを書くには「自分の経験や知識の在庫」が必要です。

何もないゼロの状態から文章を生み出すことは不可能(ぼくの場合は)なので、日頃からアンテナを張り巡らせておかないと経験の在庫を増やすことはできません。

最近のぼくがなかなかブログを書けずにいるのは、アンテナを下ろしてしまっているからかもしれません。

疲労とモヤモヤと。

ここ最近、自分でも気づくぐらいに疲労が蓄積されています。心も身体も頭も。

正月休み明けの仕事始めは体力、精神力ともにエネルギーを大きく消費しますよね。

2月も終わりに近づいてきて、正月明けの揺り戻しが来てるような感じがしています。いざブログを書こうと思っても、どこかモヤモヤした気持ちがあって書いては消してを繰り返していました。

コンテンツの消費者になりがち

心と身体と頭の疲労が溜まってくると、You Tubeを見始めるのがぼくの癖。他人が作ったコンテンツを思考停止で消費する側になります。

一部の声の大きいブロガーとかは「コンテンツの消費者になるな!」と言いますが、ぼくはこれを悪いことだとは思いません。

You Tubeにしろブログにしろ、何かを表現することには変わりなく、自分以外の誰かの視点で表現するコンテンツを楽しむことで、今までの自分にはないモノが作れるようになるかもしれないですしね。

とはいえ、どっぷり消費者でいることに浸かってしまうと脱け出すのが大変なので、このあたりもバランス良くこなしていきたいです。

頭と心が疲れたときの対処法

頭と心に疲労が蓄積したときにぼくがやることは下記です。

  • 何もしないでボーッとしてみる
  • 自然の中に身を置く
  • 好きなことだけについて考える

こんな感じですね。

スマホを開けば膨大なコンテンツが溢れてる現代では、意識的に「何もしない」をやっていかないと勝手に情報が次から次に入ってきてしまいます。

頭と心を完全に自分だけの世界にするためにも、山の中や広い海を目の前にするなどして、ただひたすらに流れる時間の中で過ごしてみると、かなりリラックスできるのでおすすめです。

まとめ

最近のぼくの近況について書いてみました。

頭も心も疲労が溜まると考えることをつい止めてしまいます。

こういった状況になったら、ぼくの場合は無理に何かを考えることはせず、自分の頭と心が空っぽになるまで待つことにしています。

以前は無理やりにでも捻り出してブログを書いていましたが、そういったときってロクな記事は書けないし、文章を書いていても楽しくないんです。日常生活の中でもイライラしたりして、良いことが1つもありません。

インプットとアウトプットは2つで1つ。

自分なりのインプットとアウトプットのバランスを見つけて、ブログライフを楽しんでいきたいですね。