特集:ブーツにカビが生えたときの対処法

初物は縁起がいい。銚子で見る初日の出からエネルギーをもらってきました。

初物は縁起がいい。銚子で見る初日の出からエネルギーをもらってきました。

2021年が始まりました。明けましておめでとうございます。

年末は征く年に思いを馳せつつ、RIZIN.26をテレビ観戦しました。五味vs皇治のキックなしでの殴り合いには、男としてグッと来るものがありましたね。

朝倉未来のカウンター狙いのテクニカルな試合運びから一転した、強気な攻めのスタイル。那須川天心の圧倒的な試合支配力。堀口恭司の王者としての貫禄。どの試合も手に汗握る展開で、年末に相応しい試合でした。面白かった!

RIZIN.26についてはこれぐらいにしておいて、2021年、さっそく初めてのことにチャレンジしてきまして、今回は「初日の出」を見に行ってきました。そのときのことを思い出として書いておきます。

34年間の人生で、初めての初日の出。

初日の出は人生初の経験ということで、眠いし運転して行くのだるいなーと思う気持ち8割、楽しみだなーという気持ち2割で、現地での渋滞を考慮して早めの出発。23時ぐらいに家を出ました。

目的地は日本で一番早く日が昇る場所、「銚子」です。

初日の出を見る場所とかをちょっと調べようと思い、Googleでテキトーに検索してヒットしたブログには「2時ぐらいから渋滞が始まる」と書いてあったので、早めの出発。

ちなみに、当初の予定では、日の入り時刻に合わせて2時ぐらいに出発すればいいかなどと考えていましたが、早めに出発して大正解です。激混みでした。

2時前には現地に到着して、「地球の丸く見える丘」の前の広場みたいな場所の駐車場で一休み。今思い返してもあそこが何の駐車場だったのかわかりません…。

ぼくらが到着したときはまだ2台ほどしかいなかった車が、一眠りしてる間にとんでもないほど増えていました。

駐車場の目の前の道路も、路駐の車で溢れて大渋滞。この時点で時刻はまだ5時ごろだったと記憶しています。ちなみにですが、2021年1月1日の日の入りは6時47分でした。

出よ!初日の出!

ぼくらが初日の出を見たポイントで、時間を置いて写真を撮影したので、徐々に夜が明けていく雰囲気が伝わればいいなと思って掲載しておきます。

上の写真は6時30分ごろ撮影です。

これが6時40分ごろ。

これが6時50分ごろです。日の入り予想時刻は過ぎていますが、雲が多くてまだ太陽が姿を現しません。

とはいえ、写真では伝わりにくいんですけど、この時点でものすごいエネルギーを太陽が放っていました。

そしていよいよ初日の出の登場です。

この写真が6時54分に撮影したものです。

写真の技術がなくて立派な初日の出を上手に撮れていないのは悔やまれますが、とにかくすごいものを見てしまったって感じです。

太陽があるかないかだけでも、体感温度が2度ぐらい上がりました。太陽の存在は偉大です。

初日の出を見るときの注意点など。

ここからは、ぼくが実際に行ってみて感じた注意点などを書いておきます。

  • 車移動は無理
  • 現地は極寒。寒さ対策を万全に
  • トイレには要注意

どれも当たり前のことかもしれませんが、知ってるか知らないかで過ごし方とか受けるストレスとかが大きく変わると思うので、参考程度に見といてもらえると嬉しいです。

車移動は無理

一度車を停める場所を確定したら、よほどのことがない限りは動かさない方がいいです。

というのも、車を停められる台数はどこの場所も限度があるので、言わば椅子取りゲームのようなもの。

小腹が空いたからちょっとコンビニにでも行こうかななんて軽い気持ちで車ごと移動したら、あっという間に車を停める場所がなくなります。

さらに、年始ならではの大渋滞に巻き込まれて、運が悪ければ初日の出を拝むことすらできずに帰る羽目になるかも。

とはいえ、都会のように歩けばコンビニにぶつかるような距離感でコンビニが密集してるはずもないので、食料は充分に準備してから行きましょう。

現地は極寒。寒さ対策を万全に

めちゃくちゃ寒いです。まさに刺すような寒さとはこのことかといった感じで、寒いを通り越して痛いぐらいです。

人それぞれ感じる寒さに個人差はあると思いますが、考えつく中でも最大級の防寒対策は必須ですね。

ぼくが感じた中で特に対策したいのは、「足首」と「つま先」です。特につま先はキンキンに冷えるので、防寒ブーツのようなもので対策することをおすすめします。

トイレに要注意

ぼくらが車を停めた広場のような場所には、一応トイレがあるんですけど、電気が点かず真っ暗です。

人気(ひとけ)もないような場所なので、トイレに行く場合は必ず1人では行かず、ライトを持っていくことをおすすめします。

めちゃくちゃ寒いので、どうしても車から降りたくないという人は携帯トイレを持って行った方がいいかもですね。

まとめ

こんな感じでぼくの人生初の「初日の出」体験記を書いてみました。

やっぱり初物は縁起がいいというか、これから始まる新しい年を乗り切っていくためのエネルギーをしっかり蓄えられたような気がします。

日頃から太陽が持つ力のすごさみたいなものは感じていますが、わざわざ眠い目をこすってまでも見に行きたくなる気持ちがわかりました。

次回行く機会があれば、今回の経験を参考にして、万全の準備で臨みたいですね。

終わります。