▷ 特集:ブーツにカビが生えたときの対処法

【76.4kg→74.6kg】3週間で1.8kgの減量に成功した!

【76.4kg→74.6kg】3週間で1.8kgの減量に成功した!

2021年5月28日のこと。

年に一度のペースで実施される会社の健康診断があった。

実は4月の終わりにこんなツイートをしていた。

結論はタイトルにある通り、前年比マイナス1.8kgで減量成功!

無事(?)に年内禁酒は免れたので、健康診断後の週末は大変美味しくお酒をいただいた。

今回の減量チャレンジで自分に課したルールは下記。

  • 夜は炭水化物を抜く
  • お酒は計量が終わるまでは飲まない

上記の2つをマイルールとして減量に取り組んだわけなんだけど、正直に言うとあまり守られないマイルールだった。

その辺のことはちょこちょこツイートしていたので、ぼくの1ヶ月の減量をツイートとともに振り返ってみようと思う。

1ヶ月で1.8kg減量した軌跡

ぼくの減量チャレンジの軌跡をここに残しておきたい。

なお、前年度の健康診断での体重が76.4kgで、今年の4月末時点でのぼくの体重は77.7kgだったので、実際は3kgほど減量していることになる。

これだとちょっとややこしい話になるので、とりあえず前年比での体重推移を書いた。

このツイートにもある通り、ぼくはGW(我が家は4連休)のほとんどを寝て過ごした。このときの悲惨な経験は、2021年は最悪なGWの過ごし方をしました。という記事に書いた。さすがに記録しておきたいほど最悪なGW。

GW明け、まだ体調は万全ではないものの、宣言通り減量を始めた。

今までは、空腹に耐えられず夜はわりとガッツリ食べる方だったんだけど、炭水化物を抜いてみても意外としっかりお腹が満たされることを知った。

というより、炭水化物を摂取したあとの膨満感は身体に大きな負担がかかっていると思う。

さすがに朝、昼に関しては仕事でたくさん動く分、しっかり食べるようにしているけど、夜は寝るだけなのでエネルギーを必要としていない。

夜の炭水化物抜きは身体への負担を和らげる意味でもぼくは正解だと思う。

炭水化物抜きから一夜明けた日の朝。

ぼくはほぼ毎朝5時ぐらいに起きるんだけど、目覚めた瞬間からものすごい空腹感があった。

夜に摂らなかった炭水化物を貪るように朝から食べたけど、日中にしっかり活動できるエネルギーを補給するためには必要なこと。

それと、炭水化物抜きの副産物として、目覚めがスッキリしていたことがあった。これは意外な成果。

夜の炭水化物抜きがマイルールとか言いながら、しっかり炭水化物を摂取している。

とはいえ、ツイートにもある通り食べる量はいつものバカ食いではなく、腹八分目を意識して摂取。それと就寝の3時間以上前までの食事を意識。

この辺から雲行きがちょっと怪しくなってきてる。

どれぐらい食べたのかは覚えていないけど、食べ過ぎを自覚してるということは、かなり膨大な食事量だったのではないかと思う。

このツイートにある通り、実は夜の炭水化物抜きはそれほど順調にいっていなかった。

というのも、妻や、妻の母が作ってくれる夕飯がマジでご飯のお供に最適なおかずばかりで、さすがに誘惑に勝てなかった。

まだまだ意思の弱さを感じる半面、美味しい食事は人を幸せにするなとも実感。

正直、減量チャレンジのマイルールは全然うまく進んでいない。炭水化物抜きが順調だったツイートも、スタートした頃ぐらいしか見られず、減量後半になるにつれて食べ過ぎを後悔するツイートばかりになっている。

健康診断まで残り10日ぐらいになって、さすがに焦りを感じたのかジョギングを取り入れようとしているツイートを発見。

でも、ぼくの記憶だとこの日はたしか夕方から土砂降りになって走れなかったはず。

とはいえ、毎日のルーティーンとして、朝に筋トレすることを習慣にしているので、有酸素運動はできていなくても無酸素運動で代謝を上げることはできていると思う。

やった。これは完全にやらかした。

1週間後には健康診断当日を控えているというのに、夜に一蘭を食べるという愚行。

しかも、味濃い目に加えて半替え玉までしている。さらにスープを完飲。

「罪悪感はありません」とか言ってる場合ではありません。

でもこのときの一蘭はマジで美味しかった。

いよいよ計量当日のツイート。

結果的には前年度に比べてマイナス1.8kgという結果で、減量チャレンジは成功に終わった。

とはいえ、夜の炭水化物抜きは順調にいかず、ツイートにはなかったけどぶっちゃけるとお酒を飲んだ日もあった。(3週間の中で3杯ぐらいだから通常よりかなり少なめ)

体重測定後に自分の体重を見たときは、めちゃくちゃ嬉しかった。

前年度でたった1.8kgかもしれないけど、意識的に減量に取り組んだ結果がしっかり成果として表れたときには自信になった。

これが「成功体験」ってやつなんだな。

太る原因が何となくわかった

ぼくのこれまでの体重の推移をざっくり書いておこう。

  • 3年前:85kg(新聞屋当時、人生のマックス体重)
  • 1年前:76.4kg
  • 現在:74.6kg

新聞屋で働いていたときは、慢性的な睡眠不足に加えて、ほぼ毎日お酒を飲んでいた。

スーパードライ350ml×2本、ストロングゼロ500ml×2本。あとは塩辛とか明太子などの塩分高めなおつまみをほぼ毎日。

それ以外に、仕事中の間食も毎日。さらに言うと運動不足。完全に太る要因しかない生活をしていた。

新聞屋から今の仕事に転職してからは、最初の3ヶ月ぐらいで一気に70kg台後半ぐらいまで落ちた。

これは、規則正しい生活リズムになったことや、お酒をほとんど飲まなくなったこと、間食をしなくなったことが要因だと思われる。

ただ、77kgぐらいからがなかなか減量が進まず、今回の意識的な減量へのチャレンジをするきっかけとなった。

ぼくが太る要因は、やっぱり「お酒と間食」が一番大きい。誰でもそうなのかもしれないけど、お酒と間食の管理を適切にやっていけば順調に減量できることがわかった。

減量に成功したその先は?

減量に成功したその先は?

前年比マイナス1.8kg、実質のところは約3週間でマイナス3kgという結果だったわけで、ひとまず安心した。

1つ成功体験を積むことができたので、ぼくは次の目標を立てることにした。

というわけで、ここに新たな目標を宣言しておきたい。

目標:68kgまで体重を落とす

ぼくの体重は現在74.6kgなので、ここからさらに6kg減。

身長が176cmなので、標準体重は68kg。

体脂肪率とか筋肉量とかは度外視してるので、68kgが適正と言えるのかどうかはわからないけど、ひとまずここを目指そうと思う。

目に見えてわかる数値的な目標があると頑張りやすいし、これもまた自己肯定感を高めるための成功体験。

期間は特に設ける予定はないけど、大まかな目安として年内に達成できればいいかなと思っている。

急激に体重を落とすのも身体への負担を考えるとやっぱりよくないし、体脂肪、内臓脂肪を落とす減量をしたい。

筋トレとジョギング。それから食事管理とお酒との付き合い方。

すべては「フットサルで走れる身体」に繋がっている。大好きなフットサルを真剣に楽しめるように、もっと強い身体を作りたい。減量はそのための一歩。

というわけで、引き続き減量チャレンジは続けていく。