レッドウィングを愛するブログ

【レビュー】BUFFALOの外部キーボード(YDKBU11BK)を導入したらブログの生産性が爆上がりした。

Gadgets

ブログ執筆に使っているノートPCのキーボードが最近調子悪い。

ということで、初めて外部キーボードを導入してみたので、その感想などを紹介しておきたい。

キーボードをノートPC搭載から外部キーボードに変えてから10,000文字タイピングしてみた。

結論から言って、フルサイズのキーボードは快適だ。もっと早く導入するべきだったと後悔してるぐらい。

BUFFALOのキーボードが激安だった

PCのマウスがしばらく不調で、ノートPCのタッチパッドでは作業性に限界を感じていた。

マウスはamazonで目星はつけていたんだけど、どうせなら今すぐほしいと思い、近所のヤマダ電機で物色。

当初の予定ではマウスをサクッと購入して帰る予定だったのが、マウス売り場のすぐ横に並んでいたキーボードが目に止まった。

『最近ノートPCのキーボードが調子悪くてブログ書きにくいんだよなぁ…。』

キーボード売り場を眺めていたところ、BUFFALOのYDKBU11BKという型番のキーボードがなぜか800円ぐらいで売られていたので、思わず手にとっていた。

マウスは5ボタンの使い勝手が気に入っていたから今回も5ボタンの物を購入予定だったんだけど、キーボードの思わぬ出費があったので予定変更。

マウスとキーボード合わせて2,000円ぐらいの買物。

BUFFALOのYDKBU11BKをレビュー

ここからは、今回購入したYDKBU11BKについてレビューしていく。

といっても、この価格帯(1,000円台)のキーボードなので、細かいスペックにこだわる人が購入するというより、どの程度の使用感なのかといったところを重点的にレビューしていく。

打鍵感はかなり軽い。

キーストロークは一般的な4mm。深くもなく浅くもなくといった感じ。

少し前のMacBookに搭載していたバタフライキーボードのようなパチパチ感はなく、しっかり押し込んで入力してる感じがぼくの好みだ。

しっかりタイピングをしている感じもありつつ、軽いタッチでタイピングできるから指は疲れにくいように思う。

このキーボードを導入してからすでに10,000文字ほどタイピングをしてるけど、全然疲労感を感じないし、むしろブログを書くのが前より楽しくなった。

誤字脱字が減った。

以前に比べてブログ執筆中の誤字脱字が少なくなった。

ノートPCのキーボードはキーストロークが浅いこともあって、押してるのか押せてないのかわからないときが多々あった。

その点、YDKBU11BKはキーストロークが4mmあるので、押せてないときはタイピングの途中で自分でも気付けるようになった。

意外と誤字脱字の修正は時間がかかるので、YDKBU11BKを導入したことが生産性アップに直結している。

タイピングの音はちょっと大きめ。

静音設計と謳ってるけど、妻がいる部屋でブログ執筆をしていたところ、前より音がうるさくなったと言われた。

ぼくのタイピングの癖もあるのかもしれないが、静音性はあまり感じられないので、寝室なので子どもが寝た後に作業する人には向いていないと思う。

これはぼくのタイピングの癖によるところもあるので、静かにタイピングできる人なら問題ないかもしれない。

テンキー付きが嬉しい。

それほど数字入力をする機会はないんだけど、ブログを書くときに半角数字と全角数字を毎回切り替えたり、キーボードの上段から数字を探すのが煩わしく感じていた。

ヤマダ電機のセールのおかげで1,000円を切る値段で購入したんだけど、この価格帯のキーボードでテンキー付きの物を購入できたのは嬉しいポイント。

肝心なテンキーだけど、仕事としても全然余裕で使えるので、データ入力などの仕事をしてる人にでも充分おすすめできるレベルだ。

USBに挿すだけで使える。

めんどくさい設定などもなく、USBに挿すだけで使えるようになる。

なお、PCが必要なドライバをインストールするのに1分~2分ほどの時間を要する。

特に自分で何か設定を触る必要はないので、難しいことはよくわからないけど外部キーボードを使いたいという人でも安心だ。

まとめ

簡単ではあるけど、こんな感じでBUFFALOのキーボードをレビューしてみた。

ブログを書くようになって早いもので今年で3年になる。(このブログ以外のも含め)

初めて外部キーボードを導入したわけだけど、キーボード1つでこれほど生産性が変わるとは思ってもいなかった。

ブロガーやライターなど、文字入力が必須の人にとってキーボードは重要な道具。

自分に合った道具を自分なりの感性で選びたいところだ。